Web Marketing

【Web担当者向け】Webマーケティングの手法と特徴まとめ

Dollarphotoclub_101087564

Webで集客をするには、Webマーケティングの手法を知っておく必要があります。
ひとくちにWebマーケティングといっても手法はさまざまで、費用や即効性などの特徴に違いがあります。
「費用をかけずに施策をしたい」のか、「費用をかけても即効性のある施策がしたい」のかによって選ぶ手法が変わってきます。
Webマーケティングの手法と特徴をまとめましたので、Web担当者はぜひご覧ください。

SEO(検索エンジン最適化)

SEOは「Search Engine Optimization」の略で、日本語では「検索エンジン最適化」と呼びます。
Googleなどの検索エンジンで検索した際、検索結果の上位に表示さえるようにするための施策です。
上位表示されるほどアクセス数アップが期待できます。

SEOは即効性を期待するものではなく、地道に取り組んで上位表示を目指します。
自社で行う分には費用がかかりませんし、ドメインパワーが強くなれば上位表示がされやすくなるので、自社サイトやオウンドメディアは資産となります。

リスティング広告

検索結果の上部や右側に表示される広告のことです。
たとえば、「リスティング広告」と検索すると、以下のような検索結果が表示されます。

リスティング広告

リスティング広告は出稿したいキーワードを選定し、キーワード単位で料金を支払います。
費用はかかりますが、通常の検索結果より目立つ位置に表示されますし、すぐに掲載されるので、SEOより即効性があります。
リスティング広告はクリック課金を採用しているため、表示されるだけでは広告費は発生しません。
ユーザーが広告をクリックした時点で広告費が発生するため、対費用効果が高い施策です。

リスティング広告の中での表示順位は入札価格によって決まり、予算に応じて取り組むことができますので、「すぐにアクセスが欲しい」という方は、リスティング広告で出稿を検討してみてはいかがでしょう。

SEM(検索エンジンマーケティング)

SEMは「Search Engine Marketing」の略で、日本語では「検索エンジンマーケティング」と呼びます。
SEOと混同されがちですが、定義が異なります。

SEMは、「検索エンジンから訪問者を増やすためのマーケティング」のことで、主な手法としてSEOとリスティング広告を用います。
ですので、SEO=SEMではありませんし、リスティング広告=SEMというわけでもありません。
SEMはWebマーケティングの手法のひとつで、検索エンジンを活用したマーケティングのことです。

アフィリエイト広告

アフィリエイト広告は成果報酬型のインターネット広告で、Webサイトやブログ、メールマガジンなどの媒体に広告を貼ってもらい、「お問い合わせ」「資料請求」「商品購入」など、設定した成果が発生した時点で報酬を支払います。
クリック課金での出稿も可能ですが、成果報酬を採用している広告主が多いです。
成果報酬であるため、対費用効果は高いといえます。

アフィリエイト広告を配信するサービスをASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダASPは、「A8.net」「バリューコマース」「アフィリエイトB」などです。
特に「A8.net」はアフィリエイト広告の最大手で、アフィリエイトサイト登録数が多く、アフィリエイターに広く利用されています。

A8.net
出典:A8.net

アドネットワーク広告

アドネットワーク広告は、複数の広告媒体(Webサイト・ブログ)で広告配信ネットワークを形成し、ひとつの広告媒体として広告を配信する仕組みとなっています。
ひとつひとつの広告媒体に出稿を依頼する手間が省けますし、さまざまなWebサイト・ブログに広告が掲載されるため、幅広いユーザーに広告を見てもらる点が利点として挙げられます。

代表的なアドネットワークは、「Google ディスプレイ ネットワーク」「Yahoo!ディスプレイアドネットワーク」「MicroAd(マイクロアド)」などです。

Googleディスプレイネットワーク
出典:Google ディスプレイ ネットワーク

SNS広告

SNS広告は、FacebookやTwitterなどのSNSに出稿する広告を指します。
SNSのページに広告を出稿するため、目につきやすく、即効性があるのが利点です。

たとえば、Facebook広告では実名制であるという特性を活かし、年齢・性別・交際ステータス・学歴・勤務先など、特定のユーザーに絞って広告を出稿することも可能です。
ターゲット設定を明確にすることで、ムダな費用を抑えることができます。

悪い評判がついてしまうとそれも一気に拡散してしまうので、慎重に施策を行う必要があります。

Facebook広告
出典:Facebook広告のターゲット設定方法

最後に

ユーザーのニーズに沿ったWebサイトを制作するには、Webサイトの目的とターゲットユーザーを明確にすることが必要です。
どのWebマーケティングの手法を用いるにしても、ユーザーのニーズに沿っていなければ効果が薄くなります。

センティリオンシステムでは、シナリオ型Webサイト分析を用いたWebサイト制作を行っています。
ユーザーのニーズに沿ったWebサイの制作のご依頼は随時受け付けておりますので、気軽にご相談ください。

サイト制作事例 / センティリオンシステム

公式アカウントで最新情報をお届け中!
気軽にいいね!やフォローをお願いします。

Related Posts - 関連記事Related Posts - 関連記事



Copyright (c) Centillion System All rights reserved