Server

オンプレミスとクラウドのメリット・デメリットまとめ

s-Dollarphotoclub_72121082

ITシステムの形態はオンプレミスとクラウドの2つに分けられます。一昔前はクラウドは非現実的と言われることもありましたが、最近はクラウドを選択肢の一つとして考えるのが当たり前になってきました。

オンプレミス型システムは、従来の一般的なシステム形態で、自社でハードを購入し、システムを稼働させる形態です。一方でクラウド型システムは自社でハードを購入することなく、インターネットでデータセンターなどとつながり、インフラを利用するという形態です。
また、一言とクラウドと言っても、クラウド型サービスには大きく3つの種類があります。

そこで、今回は3つのクラウド型サービスの違いと、オンプレミス型とクラウド型のメリット、デメリットをご紹介いたします。

これさえ押さえておけばOK!3つのクラウド型サービス!

クラウド型サービスはどの階層、どの部分をクラウド化しているかでサービス内容が変わります。IaaS、PaaS、SaaSの3種類があります。

IaaS(Infrastructure as a Service)
ハード・インフラをクラウド化しており、システム環境・アプリケーションを自由に選択できるサービスです。また、リソースを好きな時に好きなだけ利用することが出来ます。

PaaS(Platform as a Service)
ミドルウェアやOSをクラウド化しており、システム環境は限定されますが、アプリケーションを自由に選択できるサービスです。また、多くの場合IaaSで提供されるようなハードリソースも提供されます。

SaaS(Software as a Service)
アプリケーションをクラウド化しており、製品化されたアプリケーションが提供されるサービスです。場合によってはシステム環境が限定されると考えられますが、多くがインターネット環境とWebブラウザがあれば利用可能です。

その他にも「○○ as a Service」と呼ばれるクラウド型サービスはいくつかありますが、上記3つを押さえておけばまずは十分です。

IaaS、PaaS、SaaSを理解した上で、オンプレミス型とクラウド型のメリットとデメリットを考察してみましょう。

オンプレミス型システムのメリットデメリット

I
オンプレミス型システムのメリットは、とにかく自由度が高いところにあります。自らの作りたいように1から作っていくので、どんな姿にでもカスタマイズ可能です。
さらに、自社でシステムを抱えているので、レスポンスタイムが比較的速いと考えられます。また、クラウドより安心・安全と考える企業もありますが、この点は必ずしもメリットとは言えません。

デメリットとしては、コストが高いということです。
ハードからアプリケーションまで全てをそろえなければならないため、導入費用が高くなり、全てのシステムを保守・運用しなければならないため、運用コストも高くなります。
さらに、万が一システムが故障した場合を考慮してバックアップシステムを構築しようとすると、さらにコストがかかります。バックアップシステムを構築しなかった場合は復旧までにかなりの時間を要しますね。
なので、自社でシステムを抱えるのは必ずしも安心・安全というわけではないといえます。

クラウド型システムのメリットデメリット

s-Dollarphotoclub_78935196
クラウド型システムのメリットは、コストが安いということです。例えば、IaaSを利用した場合、ハードの購入費は必要なくなり、ハードの保守・運用はサービス提供会社が行うため、保守・運用コストも必要なくなります。
さらに、万が一故障した場合、多くがバックアップシステムを保有しているため、すぐに復旧可能と考えられます。また、好きな時に好きなだけリソースを利用できるため、急激にアクセス数が増えたとしてもハードの増築は不要なので、すぐに対応可能と考えられます。

デメリットとしては、既製品を提供されるため自由度が低いということです。ちなみに、3つの中でも最も自由度が高いのはIaaSで、IaaS>PaaS>SaaSの順で自由度が低くなります。
また、インターネットを介してサービスを利用するため、遠隔地の場合レスポンス速度が遅くなる可能性があります。さらに、データの流出・消失を危惧する企業もいます。この点は、数年前のファーストサーバ障害でクラウドの盲点として大きく取り上げられたのが記憶に新しいのではないでしょうか。
(参考:ファーストサーバ障害、深刻化する大規模「データ消失」
http://www.nikkei.com/article/DGXNASFK2600L_W2A620C1000000/

まとめ

Hand drawing Price Value balance scale concept with black marker on transparent wipe board isolated on white.
結局どちらが良いのかは、構築したいシステムによりますが、最近ではオンプレミスとクラウドのハイブリッドという選択肢も出てきています。

今回はクラウド型サービスの種類と、オンプレミスとクラウドのメリット、デメリットをご紹介させていただきました。システム構築する際の検討材料としていただければと思います。

公式アカウントで最新情報をお届け中!
気軽にいいね!やフォローをお願いします。

Related Posts - 関連記事Related Posts - 関連記事



Copyright (c) Centillion System All rights reserved