System development

社内SNSを比較するなら抑えておきたい人気&定番10選(用途別)

Dollarphotoclub_76952834

社内SNSは社員同士のコミュニケーションを促進させ、業務効率化に大きく貢献してくれます。
各社内SNSでサービス内容や機能が異なるため、いざ導入するとなるとどのSNSを選べばいいか迷ってしまうかと思います。
そこで、「定番」「人気上昇中」「料金がリーズナブル」「クラウド型」の4つのカテゴリに分類して9つの社内SNSをまとめました。
いずれも人気の社内SNSですので、チェックしておいて損はないかと思います。

定番の社内SNS

Talknote

Talknote
出典:Talknote

Yahoo!JAPAN、KDDI、namcoなど大手企業をはじめ、15,000 社以上が利用している人気の社内SNS「Talknote(トークノート)」。
タイムライン、グループ、メッセージの3つの伝え方ができ、シンプルに設計されている使いやすい社内SNSです。
シンプルながら、タスク管理、メール連携、ファイル添付、既読・未読など必要な機能を備えています。

期間限定の無料プランから、
ライトプラン(1ユーザー月額430円)、
レギュラープラン(1ユーザー月額880円)、
プラスプラン(1ユーザー月額1,780円)、
エンタープライズプラン(1ユーザー月額月額4,980円)の4種類が用意されています。

Yammer

Yammer
出典:Yammer

「Yammer(ヤマー)」は、Microsoftが提供しているエンタープライズ・ソーシャルネットワークです。
全世界で150か国以上、23言語に対応していて、日本語にも対応しています。
利用できる機能は、グループでのコラボレーション、ネットワーク外の人とのコラボレーション、ファイル共有、ノート(情報をグループで共有)などです。

料金はBasic(無料)とEnterprise(1ユーザー月額330円)があり、Office 365の中にフル機能版のEnterpriseが含まれているものもあります。

人気上昇中の社内SNS

Chatwork

Chatwork
出典:Chatwork

「Chatwork(チャットワーク)」は最近めきめき知名度を上げているビジネスチャットツールで、社内SNSとしても活用できます。
グループチャットをはじめ、タスク管理、ファイル共有、ビデオ会議、音声通話機能が備わっています。
機能がシンプルで非常に使いやすいので、社内コミュニケーションが捗ります。
料金はフリープラン(無料)、
パーソナルプラン(月額400円)、
ビジネスプラン(月額2,000円〜)があります。

Slack

Slack
出典:Slack

「Slack(スラック)」は海外で人気急上昇中のチャット機能を備えたコミュニケーションツールです。
写真共有サイト「Flickr(フリッカー)」の創設者であるスチュワート・バターフィールドによって開発されました。

シンプルで見やすいUI、外部サービスの連携の充実、プログラミングコードをアップロードできるスニペット機能、優秀な検索機能、マルチプラットフォーム(iOS、Android、Windows、Mac)など、メリットがたくさんあります。
まだ日本語対応していないのが欠点ですが、これから日本でも流行る可能性が高いツールです。

料金がリーズナブルな社内SNS

nanoty

nanoty
出典:nanoty

「nanoty(ナノティ)」は、1ユーザーあたり月額500円というリーズナブルな料金で利用できるクラウド型社内SNSです。
日報、コミュニティ(掲示板)、集計、目標管理、Googleアカウントとの連携といった機能が備わっています。
初期費用は0円、1ユーザー500円で利用できるので、コストを抑えて社内SNSを構築したい企業におすすめ。

WowTalk

s-kingsoft_wt
出典:WowTalk

大手企業をはじめとした1,000社以上の企業に利用されているWowTalkは、クラウド型の社内SNS
です。スタンプやファイル送信も可能なチャットトークに加え、タイムラインでの共有や無料通話・ビデオ通話など便利な機能で社内のコミュニケーションを活性化させます。
1ユーザー300円とリーズナブルなのでコストを抑えてシンプルに運用したい企業におすすめ。

gamba!

gamba!
出典:gamba!

「gamba!(ガンバ)」は、 営業日報や業務進捗などを共有するための社内SNSです。
グループごとのタイムライン、KIPグラフ表示、デュアル画面表示、いいね!機能、コメント機能、Googleカレンダー連携機能などが利用できます。

45日間の無料トライアルがあり、
有料版はシルバープラン(1ユーザー月額518円)、
ゴールドプラン(1ユーザー月額626円)、
プラチナプラン(1ユーザー月額734円)の3種類があります。

クラウド型社内SNS

direct

direct
出典:direct

「direct(ダイレクト)」は、BCP対策にも活躍する社内専用クラウド型メッセンジャーです。
テキストだけでなく、写真と動画の撮影・共有機能が備わっているため、文字だけでは伝わりにくいことは写真や動画で伝えることができます。

30日間の無料トライアルがあります。
有料プランはベーシックプラン(使用人数10名まで:月額6,000円)、
プラスプラン(使用人数20名まで:月額12,000円)、
プレミアムプラン(使用人数50名まで:月額27,500円)、
マックスプラン(使用人数100名まで:月額50,000円)の4種類から選べます。

airy

airy
出典:airy

「airy(エアリー)」は、ガイアックスが提供するクラウド型の社内SNSです。
社内SNSだけでなく、ビジネススキルやマネジメント、資格などのeラーニングも提供していて、SNSとeラーニングとの一元化も可能としています。
料金は利用人数に応じて変わり、利用人数が2,000名を超える場合は専用サーバプランの契約が必要です。

Chatter

Chatter
出典:Chatter

「Chatter」はクラウド型CRMベンダー・Salesforce.com(セールスフォース・ドットコム)が提供しているクラウド型社内情報共有SNSです。
さまざまな部署との共同作業が可能で、組織全体のコミュニケーションを加速させます。
無料版でも最大5,000名規模のコラボレーション機能が利用可能で、有料版(1ユーザー月額1,500円)はCRM機能とカスタマイズ機能が利用できます。

最後に

他にもたくさん社内SNSがありますが、人気の高いものを10個厳選してご紹介しました。
社内SNSを比較する際は、どんな機能が欲しいのかをまず明確にしておき、目的に応じたツールをお選びいただければと思います。

センティリオンシステムでは、社内コミュニケーションの促進につながるSNSの構築を承っております。
既存のパッケージにはないシステム構築にも対応しておりますので、ご不明な点があれば気軽にご相談ください。

センティリオンシステム・SNS/コミュニティ

公式アカウントで最新情報をお届け中!
気軽にいいね!やフォローをお願いします。

Related Posts - 関連記事Related Posts - 関連記事



Copyright (c) Centillion System All rights reserved