Column

オープンソースCMS徹底比較!WordPress以外にも使えるCMSまとめ

cms_hikaku

CMSとは「コンテンツマネージメントシステム」の略称で、ブログ、企業サイト、SNS、商用サイト等幅広い用途に使われています。

無償でソースコードが公開されている「オープンソース」系で有名なCMSは、WordPress、Drupal、movable type等が挙げられます。
どれもフリーで使用できて自由に改造できるとても親切なツールです。
逆に非オープンソース系では、Sitecore、Adobe、IBM、HP等ハイエンドな商用CMSがありますが、最近はオープンソースに乗り換える企業ユーザが増えてるそうです。

国内で最も有名なCMSといえばWordPressです。初心者に優しく、すぐブログを作ることができます。それ以外にも汎用性が高い等、たくさんの魅力を持つCMSです。

しかし、他にもいろいろな優れたCMSはあります。
あまりにもWordPressが有名なので、他のCMSは考えたこともない。というケースがあるかもしれませんが、用途に合わせてぜひ検討してみてください。

CMSを選ぶ上での心構え

人気が高ければ情報がたくさんあり、行き詰った時にも助けてくれます。バージョンアップも頻度が高く、セキュリティも心配ありません。
しかし、メリットもデメリットもあるものです、自分やコミュニティにとってどれがいいか、1つずつ検討してみることが大事です。
CMS選択の手助けになるよう、用途別におススメのCMSを紹介します。

将来的には大規模サイトへ!長く付き合うならDrupal

drupal
http://drupal.jp/

Drupalは大規模サイト向けです。自由にデザインができ、シンプルな設計思想でカスタマイズしやすいという特徴があります。
将来的にどんどん規模が膨らんでいくタイプのサイト開発には最適と言えます。

インストールした時点では機能が限られていて、とっつきにくいと感じる方が多いようですが、使い込んでいくとどんどん魅力がわかると思います。

デザイン優先で選ぶならMODX

modx
http://modx.jp/

WordPressはちょっと敷居が高い。プログラミングがわからない。という方にはMODXがおススメです。
PHPやPerl等のプログラミングの知識が不要な為、主にデザイナーさんや、WordPressに対して抵抗があるというブロガーさんの愛好者が増えているようです。
また、既存の静的なHTMLで作られたサイトをCMS化させて、色々動的な機能をつけるという事も可能です。

直感的につくり込めるConcrete5

concrete5
http://concrete5-japan.org/

ドラッグ&ドロップで画像、文章等のコンテンツを並び替えたり、レイアウト変更も思いのままにできる特徴があります。
それ以外にも、メールや地図、スライダーの設定など、楽しいギミックが豊富に揃っています。

プログラミング部分を修正する手間が少なく、作者の発想をそのままページにできる為、開発会社にサイト作成を依頼して納品後もちょくちょく更新したい、というニーズにマッチしてます。

複数ブログの運営ならmovable type

mt
http://www.sixapart.jp/movabletype/

1つのmovable typeに複数のブログを作ることができ、一元的に管理したり、共有情報を分け合ったりすることができる特徴があります。
また更新の度にHTMLファイルを生成しますので、他のCMSに比べて表示スピードが速いというメリットを持っています。レンタルサーバでブログを複数持つ場合にもマッチしています。
注意する点は、個人利用の場合は無料で利用できますが、商用利用の場合は有償ライセンスが必要になります。

まとめ:目的別のCMS分類

ブログ運用…wordpress、movable type、typepad、blogger
SNS・コミュニティの運用…OpenPNE、Elgg、rktSNS
色々な用途に発展可能…Drupal、Geeklog、XOOPS、Concrete5
EC系…ECcube、osCommerce、Zen Cart

公式アカウントで最新情報をお届け中!
気軽にいいね!やフォローをお願いします。

Related Posts - 関連記事Related Posts - 関連記事



Copyright (c) Centillion System All rights reserved