システム開発、アプリ開発、ホスティングのセンティリオンシステムTOP > センティオンシステムメディア > System development > PHP7公開!フレームワークやオープンソースとの相性・互換性、移行は今すぐすべきか
System development

PHP7公開!フレームワークやオープンソースとの相性・互換性、移行は今すぐすべきか

s-Dollarphotoclub_65442171

先日、PHP7のアルファ版が公開されました。
セキュリティ面はこれから拡充される予定のようですが、PHP7は全体的に大きなグレードアップが予想されています。
スキップされたバージョン6や、ベースとなるzendエンジンのパフォーマンス面も含めて、色々な話題でネットは盛り上がっています。

その一方で、WordPressやDrupal、EC-CUBEやzencart等をベースにサイトを作っている方は、フレームワークの相性や改修の影響範囲など、気になることと思います。
実際はどうなのでしょうか?検証しました。

WordPressの対応状況:インストールは可能だがプラグインやテーマで不安あり

ちょっと気が早いかもしれませんが、自分のWordPressを7で稼動させたいと考えている方も多いようです。では現行のWordPressバージョンはPHP7アルファ上では動くのでしょうか。
結論としては、WordPressをインストールしてすぐの状態なら問題無いようです。
つまり半分は対応済みと言えるのではないでしょうか。
しかしながら、プラグインで未対応のものが相当あるようです。また、テーマについても不具合が起こり得ます。

速度の状況:速度はアップする

PHP7で最も注目されている改善といえば、速度アップです。ではWordPressでどれくらい速度が改善しているのでしょうか。
AWSのマイクロインスタンスでテスト走行した結果、現行バージョンのPHP5と比較して2.5倍以上は早くなる、という結果がほとんどのようです。
PHPといえば遅い、varnishやnginxを使ってプロキシ・メモリキャッシュ等を利用してもメモリが不足してて失敗した、なんていう方にも大きな朗報ですね。

互換性:移行を助けるツール等が出始めている

EC-CUBEやMagento、Zen Cart等EC勢にとっても、PHP7との互換性は気になるものです。
下記のツールは、PHP7では使えない書き方を直したり、運用テストを繰り返したりしている方にお勧めです。

s-sstalle php7cc · GitHub
出典:sstalle/php7cc · GitHub

このツールを使えば、PHP7への移行が素早く行えるようになるでしょう。

1台のサーバでマルチバージョン構築:ツールあり

php5.6とphp7、一台に2つ入っていて、瞬時に切り替えられるならとても便利です。
そのためのツールとしてはphpenv、php-buildといったyumで構築できるものがお勧めです。phpenvにはプラグインもあって今後も拡充されていくと思います。
Windows用のPHP7もすでに配布が始まっています。XAMPP対応で簡単にインストールできるようです。

PHP5で継続すべきか:3年でサポートが切れるため、いずれ移行が必要

php5.7はリリースされません。つまり約3年でPHP5はサポートが切れます。
そのため、どこかのタイミングで移行する必要があります。
大きなバージョンアップだからしばらく様子を見ることも可能かと思いますが、あまり猶予は残されていません。

公式アカウントで最新情報をお届け中!
気軽にいいね!やフォローをお願いします。

Related Posts - 関連記事Related Posts - 関連記事



Copyright (c) Centillion System All rights reserved