IT企業研究所 > IT・Webコラム > SEO対策をするなら必須!関連キーワードが取得できる5個のツール

2017-04-19

SEO対策をするなら必須!関連キーワードが取得できる5個のツール


f:id:urj:20170410135726j:plain

SEO対策をするならキーワード選定は必須の作業です。どんなキーワードで検索されているのかは調べてみないと分からないので、想像だけでキーワードを考えるのは限界があります。

関連キーワードが取得できるツールを5個ご紹介しますので、キーワードリサーチにぜひ活用してください。

ツールを活用して掘り出し物のキーワードを探そう

ビッグキーワードは多くのサイトが狙っているため競争率が高く、上位表示させるには容易ではありません。キーワードの中にはコンバージョン率が高い掘り出し物のキーワードもありますので、探してみる価値があります。

競争を避けて効率よく集客するなら、ビッグキーワードにこだわらずにロングテールキーワードに目を向けてみましょう。ロングテールキーワードはユーザーが明確な目的を持って検索しているため、検索数は少なくてもコンバージョン率が高い傾向があります。

ユーザーの検索キーワードは調べてみないと分からないので、ツールを活用して調べてみましょう。

関連キーワードが取得できるツール

Google AdWords キーワードプランナー

f:id:urj:20170410135804j:plain
出典:Google AdWords キーワードプランナー

Googleが提供するリスティング広告サービス「Google AdWords」には「キーワードプランナー」という機能があります。キーワードを入力するとキーワード候補(関連キーワード)が一覧で表示され、検索ボリューム、競合性、推奨入札単価が分かります。

ただ、以前は広告を出稿していなくても無料で使えたのですが、2016年8月ごろから無料だと「月間平均検索ボリューム」が大まかにしか表示されないようになりました。これは関連キーワードを調べる上で大きなデメリットで、いままで無料で使えていただけに残念な仕様変更です。

「キーワードプランナー」自体は無料で使えますが、正確な月間平均検索ボリューム」を表示させるには広告を出稿する必要があります。何円入金すれば「キーワードプランナー」をフルで使えるのかは不明ですが、少額でも出稿すれば再び使えるようになるという情報もあります。

Googleトレンド

f:id:urj:20170410135829j:plain
出典:Googleトレンド

キーワードを時間別、地域別、人気度別に調査できるツールです。実は関連キーワードも調べることができます。

検索ボリュームは取得できませんが、関連キーワードは注目度と共に表示されるのでキーワード選定の目安になります。

「Googleトレンド」で関連キーワードを取得できることを知らない方は意外と多いのではないでしょうか。

関連キーワード取得ツール(仮名・β版)

f:id:urj:20170410135907j:plain
出典:関連キーワード取得ツール(仮名・β版)

「Googleサジェスト」「Yahoo!関連語API」「Yahoo!知恵袋」「教えて!goo」の情報を元に、関連キーワードをまとめて取得してくれます。

検索ボリュームは分かりませんが、関連キーワードをアルファベット順・あいうえお順で一覧表示してくれるので便利です。

goodkeyword

f:id:urj:20170410135921j:plain
出典:goodkeyword

Google、Yahoo!、Bingの3つの検索エンジンでそれぞれ検索されている関連キーワードを調べられるツールです。

Googleトレンドの情報を元にキーワードの検索ボリュームの変化も教えてくれます。

keygram

f:id:urj:20170410135940j:plain
出典:keygram

ブログで使われている関連キーワードを取得できるツールです。

検索キーワードとは少し異なりますが、ブログではどんな関連キーワードがよく使われているのかを調べるのに使えます。

おわりに:こまめなリサーチで競合に差をつけよう

検索キーワードは日々変化しているため、一度調べたらそれで終わりというわけではありません。競合に先駆けて関連キーワードでアクセスを集めるには、こまめなリサーチが必要です。

Googleのサジェスト機能を使うのもひとつの方法で、調べてみると意外な掘り出し物キーワードが見つかるかもしれません。

人気の記事

カテゴリー

プロフィール

五反田のWebシステム開発会社センティリオンシステムが運営するメディアです。Webシステムやスマートフォンアプリの外注を検討されている方や、エンジニアとしてこの業界で働きたい方に向けて役立つ情報をお届けしていきます。